自然の中で田舎暮らしを楽しもう里山にある秘密基地の平屋物件

自然豊かな里山などに放置された廃屋や小屋などの平屋物件を田舎暮らしを楽しむため秘密基地にしよう

福島県

福島県で田舎暮らしをするための移住データ詳細

更新日:

福島県へ移住するうえで役立つ情報を市町村ごとにまとめました。福島県は原発事故の影響もあり県外へ移住する若者が多い反面、地域起こし協力隊など福島県にゆかりがある人の移住は増えているようです。また、各市町村の空き家バンクの古民家の登録数も多く、もっと移住先として注目されても良いでしょう。尚、移住先は県中央部など原発から離れた地域に限られています。

注目福島県福島市における田舎暮らしの情報

福島市の移住に向いた物件


福島県福島市は中通りと呼ばれる地域でも北部に位置する地方都市です。福島県の県庁所在地でもあります。東北新幹線 JR福島駅が最寄り駅です。市街地に信夫山や花見山があり、自然に溢れているのが大きな魅力です。市内循環バスがあり、県庁や市役所へのアクセスも良好で、スーパーやコンビニがたくさんあり生活するのに困ることがありません。市街地から車で15分走れば田んぼや畑など昔ながらの田舎の風景を感じることができます。川や山もすぐ近くにあり、無料のキャンプ場もありアウトドアを思い切り楽しむことができます。スキー場へも1時間以内で気軽に行けるのでスキー、スノーボード好きで移住する方もいます。

福島県福島市の移住データ

土地や空家の多さ
空家は多く、土地付きで購入することができます。市街地からちょっと車で走れば畑付きの空家もあり、好きな野菜を育てたり、ガーデニングなどを楽しむことができます。古民家をリフォームして移住もできます。不動産屋の中には古民家を主力に扱っていたりします。賃貸物件も豊富でトイレ・バス付で2万円台からあります。農地のみを借りることができますので、賃貸に住みながら、畑作業などの田舎暮らしを楽しめます。(※福島県福島市の空き家バンクはコチラ
都市群へのアクセス

福島市は交通の要であり福島駅を中心に四方へ路線が存在しています。また、高速バス網も充実しており東京方面はもちろん、宮城そして名古屋方面へも東北自動車道経由で楽にアクセスできるのが魅力です。
仕事の豊富さと種類

県庁所在地で福島県では郡山市、いわき市に次ぐ人口ですので、仕事は豊富です。サービス業はもちろん、大企業の工場も多いので仕事に困ることはありません。フルーツ王国といわれているので、農業も盛んです。田舎に移住し将来は農業として独立したい人にもチャンスは多いです。ハローワークで、求人情報を探したり利用することもできます。
医療福祉サービス施設

市街地から車で30分で福島県立医科大学、市街地には大原病院と日本赤十字病院があります。小さな病院もたくさんあるので、かかりつけ医を見つけるのもたやすいので安心です。福島市保険福祉センターでは年中無休の夜間診療所があるので急な病気でも困ることはありません。福祉サービスも充実しているので、小さな子供を育てている家族はもちろん、老後まで安心して生活することができます。
補助金や行政のサポート

福島市では移住者を応援するための施策を行っています。移住を希望する一人ひとりの目的やライフスタイルに合わせて提案してくれます。市役所に「移住ワンストップ相談窓口」があり、仕事や住宅探し、子育てしている家族には支援制度もあり提案してもらうことができます。農業の仕事をしたい人へも研修や就職先も案内してくれます。
日常生活に必要な施設

医療福祉サービスが充実しているのはもちろんですが、スーパーやコンビニなども充実しており、買い物に困ることはありません。田舎暮らしでは車が必須の場合もあり、市街地から離れてしまうと、スーパーやコンビニまで徒歩では厳しいこともあります。保育園や幼稚園、小学校、中学校、高校も充実していますので、不自由なく子育てすることできます。
移住者受け入れの寛容度

市役所では定住・移住ガイドブックも配布しており、受け入れを歓迎しています。後継者や働き手が不足している農家も多く移住してもらえるのは嬉しいです。しかし田舎暮らしのイメージが少なく移住者も多くはないので、移住者同士のコミュニティは不足しているのが実情です。今後は移住者がSNSなどを活用し情報を発信していくことに期待しています。
自然の豊かさと環境の良さ

市内は一級河川である阿武隈川が流れ、市街地には福島市のイメージの一つ信夫山や季節の草花が楽しめ観光スポットでもある花見山と自然は豊かです。少し足を伸ばせば日本百名山、安達太良山があります。春夏秋冬、自然を楽しむことができるので田舎暮らしをする環境は整っています。地方都市で生活には不自由しない、自然豊かな福島市は田舎暮らしのスタートとしておすすめです。

注目福島県二本松市における田舎暮らしの情報

二本松市の移住に向いた物件

福島県二本松市は中通りと呼ばれる地域にあります。福島県の中で人口が最も多く経済も活発な郡山市と県庁所在地である福島市の真ん中に位置しています。郡山市と福島市へは国道4号線を利用すればわずか30分、JR東日本の東北本線JR二本松駅が最寄駅です。日本百名山の一つである安達太良山は高村光太郎の「智恵子抄」で詠われており、全国的に有名です。高村光太郎の妻である智恵子の出身も二本松市で生家は観光名所です。前述した安達太良山や阿武隈川など自然に溢れ、登山やキャンプに訪れる人もたくさんおり、仕事も豊富にあり、田舎暮らしを堪能できることから移住する人も増えています。行政も移住者のためのサイトを運営して応援しているので安心して移住できます。

福島県二本松市の移住データ

土地や空家の多さ
市街地にはアパートや一戸建ての賃貸物件があり、自動車でほんの10分くらい走れば郊外に山里の風景が広がり、売地や貸地があります。郊外の土地を購入し別荘を建てたり、少しづつDIYで住宅を建てる人もいます。定年してから夫婦で土地を購入し平屋を建てたり、様々な移住ができるのも魅力です。郊外になればなるほど土地は安く購入できるので野菜を果物を自家栽培したり、農業を始めたりする移住者も多いので、就農するのにもおすすめできます。(※二本松市の空き家バンクはコチラ
都市群へのアクセス

二本松市の中心地を南北に縦断する形で東北自動車道(二本松IC)が走っており、東京方面や、仙台市などへのアクセスも抜群だと言えます。また、県庁所在地の福島市に接しているため都市群へのアクセスは問題ないと言えます。
仕事の豊富さと種類

郡山市や福島市のベットタウンとして役割も担っているので、正社員としての就職先はもちろんパートの仕事も多いので家族で住むのにも適しています。工場もたくさんありますし、ハローワークがあるので職探しに困ることはありません。日本酒の酒造メーカーも多く、酒造りを学びたい人には魅力的です。岳温泉にはたくさんの旅館がありますので、住み込みで働いて夏には登山、冬はスキーやスノーボードなどを楽しんでいる若者もいます。
医療福祉サービス施設

車で20分程度で福島県立医科大学があり、医療は非常に充実しています。福祉に関しても行政が力を入れているので、困ることはありません。図書館やスポーツ施設、生涯学習も充実しており、老若男女問わずに住みやすい環境が整っています。特におすすめなのが二本松しんきん城山プールです。一年中通して、楽しめる温水プールで流れるプールやウォータースライダーは子供が楽しめますし、25mプールで健康のため泳ぐ年配の方もたくさんいます。
補助金や行政のサポート

二本松市では移住・定住のためのサイト「あなたをまつ。にほんまつ。」を運営しており、移住・定住者を積極的にサポートしています。移住支援金制度があり単身でも利用可能です。新婚世帯に敷金・礼金・引越費用を助成したり、空き家改修助成金支給事業もあり、移住する人に手厚い支援を受けることができます。移住支援セミナーもありますので、気軽に参加して二本松市への移住を検討することができます。
日常生活に必要な施設

人口5万人以上が住んでいますのでスーパーやコンビニはもちろん、ホームセンターもありますので生活に困ることはありません。福島県立医科大学は近くにありますし、内科・眼科・整形外科・歯科医院も充実しておりますので、かかりつけ医を探すのも簡単です。保育園の入園に困ることがなく、共働きしながら移住したい夫婦も安心です。国立の福島大学もすぐ近くなのも魅力の一つです。
移住者受け入れの寛容度

行政は移住者のためにたくさんの支援事業をしています。支援金も豊富なので移住者として新しいスタートするのにおすすめです。田舎暮らし体験ツアーもありますので、参加して自分が田舎暮らしに向いているかを確かめることもできます。集落支援員も、移住したばかりで参加すれば地域にすぐに馴染めます。近年移住者も増えており、長年住んでいる方々も受け入れに寛容なので移住後のトラブルも少ないです。
自然の豊かさと環境の良さ

日本百名山の一つで毎年山開きにはたくさんの人々が登山をする安達太良山、市内を流れる一級河川の阿武隈川など自然が豊かで四季をたくさん感じ生活することができます。治安も良いので子供を安心して育てられます。毎年10月の始めに開催される二本松神社の例大祭の二本松提灯祭りは日本三大提灯祭りの一つで、市内全体で盛り上がるので、移住する前に訪れてみるのもおススメです。自然豊かで行政サービスも充実している二本松は移住者に優しい市です。

注目福島県伊達市における田舎暮らしの情報

伊達市の移住に向いた物件

福島県伊達市は県庁所在地である福島市より北部にあります。最寄り駅はJR東日本の東北本線大泉駅や阿武隈急行大泉駅です。伊達市は広く、阿武隈急行の駅が多数あり交通の便がいいです。福島市のベットタウンとしての機能もあります。平野部が多いため、経済も活発です。特に農業生産額は県内でも有数で、就農移住する人もいます。伊達市中心部周辺は平野部ですが、霊山や月舘なでの地域は山間部で自然がたくさんあります。特に霊峰霊山は景色が素晴らしく紅葉の季節には登山に訪れる人がたくさんいます。移住者のために行政はサイトを運営ていており、移住体験などのイベントも多数行われています。

福島県伊達市の移住データ

土地や空家の多さ
アパートや一戸建てなどの賃貸物件は市街地に多いので、単身者が住居を探すのに苦労しません。家族用の賃貸も豊富です。郊外には空家が多く、古民家風にリフォームしている人もいます。築年数が相当経っている空家はほぼ土地の価格だけで取引されているので、購入する予算を抑えることができます。土地の中には畑付きもあり、自給自足に近い田舎暮らしを楽しむことができます。山間部では山ごと売っている土地もあるのも魅力の一つです。
都市群へのアクセス

伊達市は福島県に隣接する市町村です。そのため、福島駅まで行けば東北新幹線や山形新幹線などを利用してどの都市へもストレスなく移動できます。また、東北道(福島西IC、福島飯坂IC)を使えば車で関東圏の都市群まで容易にアクセスできます。
仕事の豊富さと種類

伊達市は全国各地から工場を誘致しているために、仕事を探すのが難しくありません。農業も盛んなので、就農する方もたくさんいます。アルバイトやパートも豊富にあるために、家族で移住し共働きしながら子育てをすることもできます。スーパーやコンビニもたくさんあるので、昼夜問わずに仕事があります。行政が移住者のために職探しを手伝ってくれますので、もし検討しているなら伊達市のホームページからお問い合わせをするのもいい方法です。
医療福祉サービス施設

伊達市は子育てしやすい環境が整っており、公園や無料で遊べる屋内子ども用施設がたくさんあります。保育園や児童クラブも充実しているので、仕事をしながら子育てするのも楽です。妊娠から就学まで保健師が1対1でサポートする『伊達市版ネウボラ』もあり、行政だけでなく地域全体で子育てを応援しています。『健幸都市』の実現を促進しており、市民が健康で幸せな生活を送るためのサポートもたくさんあります。内科をはじめ、耳鼻科・整形外科、眼科、歯科と病院も充実しています。
補助金や行政のサポート

移住促進サイトが運営されており、伊達市に移住するためのサポートもたくさんあります。サイトのトップページでは実際に移住した方へのインタビューもあり参考になります。住むための支援制度として『伊達市空き家バンク』『伊達市「来て だて」住宅取得支援事業補助金』などがあります。仕事では就農へのサポート制度や空き店舗を活用して新規事業を行う際には改修費の補助金や3年間の家賃補助がありますので、自分の店を持ち田舎暮らしすることもできます。
日常生活に必要な施設

食料品や日常生活品はスーパーやコンビニがたくさんあります。農業が盛んなのでホームセンターも多いです。畑作業やガーデニングはもちろんDIYを楽しむことができます。子育てを手厚くサポートしていますので、保育園や認定ほいく園も充実していて、小学校、中学校に通うのに苦労することはありません。各町に支所もあるので、困った時にすぐに相談できる環境が整っています。
移住者受け入れの寛容度

地方都市は高齢化が問題となっており、伊達市は若者や家族が移住するのを歓迎しています。市民も移住した人へ優しく受け入れの体制が整っています。『ふれあい・いきいきサロン』や『まちなかサロン』など市民が交流する施設もあり、移住した際に交流を持つことに便利です。移住体験・イベントも行われています。伊達市でなく東京都内で行われてる説明会もありますので、忙しく伊達市に直接来れない方でも移住について知ることができます。
自然の豊かさと環境の良さ

市街地を少し離れれば田んぼや畑が広がり、昔ながらの田舎の風景があります。伊達市は農業でも特にフルーツが盛んで夏なると桃、秋には梨、冬にはりんごを楽しむことができます。山間部は日帰りで登山できる低山がたくさんあります。ハイキング、トレッキングできる遊歩道もあり紅葉の季節はおすすめです。毎年8月下旬に行われる『伊達ももの里マラソン大会』は日本のマラソン大会100選に選ばれており、全国各地からランナーが集まり盛り上がります。


-福島県

Copyright© 自然の中で田舎暮らしを楽しもう里山にある秘密基地の平屋物件 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.